FAX用オーダーシート_ (PDF) ■色見本 書体見本 貼り方 はがし方 つくりかた
飾屋工房title 飾屋工房(かざりやこうぼう)は、1993年5月に所沢ではじめた切り文字ステッカーやオブジェ制作を中心とした工房です。「手で考える・手で作る」を唯一のコンセプトに小さな工房でこつこつと丁寧に仕事をしています。

飾屋工房blog/切り文字ステッカーや立体作品の制作例、制作過程など
飾屋工房 切り札屋/
yahoo!ショッピング 家紋ステッカーなど販売 
FAX用オーダーシート
汎用メールフォーム 
商品一覧(TOP) 切り文字 印鑑系ステッカー 千社札ステッカー 筆丸ステッカー 暖簾系ステッカー
八角ステッカー カッティングイラスト 熱転写ステッカー 貼りかた スチロール造形 色見本 フォント

切り文字
カッティングイラスト
ピグステッカー
アドレスステッカー
印鑑ステッカー
極太印鑑ステッカー
筆丸ステッカー
八角ステッカー
極太+小文字ステッカー
暖簾ステッカー
角印3sizeセット
二字角印ステッカー
角印ステッカー
丸印ステッカー
貼り方 水貼り(WET)
貼り方 DRY工法
熱転写ステッカー
制作例 1 2 3 4
日本語書体
欧文書体
ステッカーのはがし方
ステッカーの耐久性
ステッカーの切り方

ステッカーの耐久性

当工房は耐候性能5年以上のドイツORAFOL社製
高性能カッティングフィルム「ORACAL」551シリーズを主に使用しています。
(メーカー公称 屋外耐候年数 白・黒7年 カラー6年 メタリック5年)



せっかく作ったステッカーが雨・風・日光・暑さ・寒さ・こすれにどのくらい耐えるのか気になるところだと思います。
この仕事もそこそこの年数になりますのでカッティングステッカーの耐久性について実際の画像で確かめていただきたいと思います。

実例 1(素材・耐候)



2004年10月の写真です。バイクもピカピカです。
千社札ステッカーと角印ステッカー(ともに903シルバーグレー)をバイクの泥除けに貼っています。
泥除けの素材は不明です。



2010年の状態。細い枠線は剥がれてきたのですぐに剥がした記憶があります。
文字部分は問題なく接着しています。
むしろ、泥除けの耐久性が心配です。



実例 2(耐熱)



工貸屋さんに何の恨みもありませんが余分のステッカーをなにげなく鍋の裏に貼ってみました。
使用頻度はそれほどではありませんがそれでも月に数回は火にかけています。
貼ったのは2006年です。(701黒)
一回で焼け落ちると思っていたステッカーは以後4年間、いまだ持ちこたえています。
これには私も驚いています。



直接火にあたる部分。
もう別のものに進化しているのかもしれません(笑)



実例 3(耐候)



2007年4月新品の自転車にホームセンターの安いフィルム(アイボリー)を貼りました。



1年後金具は錆びましたがフィルムには問題はおきていません。




同じく2007年4月に貼って雨ざらし1年↓



枠線が一部剥がれました。



実例 4(耐光・耐候)



2006年7月貼り付け。色は502ターコイズ。
南西向き、下地はステンレス、4年間雨ざらしの結果↓



光の具合が違うので単純に比較できませんがややつやが落ちたか。

追記。2018年3月さすがに痛みが目立ってきたので剥がしました。



実例 5
(耐こすれ)



原付の後の方に貼ってあります。
荷台にヘルメットを置くくせがあるのでこの部分は毎日こすれています。

2008年1月から約3年こすれた結果です。
細い枠線が一部剥がれています。(101白)



実例 6 
(日光・年数・素材)



取り付けて4~5年の南向き看板です。
当工房の使用シートは耐候年数5~7年以上ですからそんなもんかな、とも思われがちですが
普通はそのくらいではへこたれません。
これは青だけが剥がれています。
詳しくは覚えていませんが青だけ通常使うもの以外のシート(若干安いもの)を使ったものと思います。
申し訳ないのでオーカルで貼りかえます。




HOME 汎用メールフォーム

飾屋工房HOME 飾屋之印
飾屋 中村志朗 since
1993/05

Copyright (C) 2003-2018 Kazaliya. All Rights Reserved.