色見本 書体見本 貼り方 はがし方 つくりかた
飾屋工房title 飾屋工房(かざりやこうぼう)は、1993年5月に所沢ではじめた切り文字ステッカーやオブジェ制作を中心とした工房です。「手で考える・手で作る」を唯一のコンセプトに小さな工房で不器用にこつこつと仕事をしています。

● 所在地/埼玉県所沢市西狭山ヶ丘1-2485-15〜2F 
● 飾屋工房blog
/切り文字ステッカーや立体作品の制作例、制作過程など
ご質問・見積・お問合せ
 メールフォーム 
商品一覧(TOP) 切り文字 印鑑系ステッカー 千社札ステッカー 筆丸ステッカー 暖簾系ステッカー
八角ステッカー カッティングイラスト 熱転写ステッカー 貼りかた スチロール造形 色見本 フォント

メールフォーム
龍を作る
ピグ人形
カッティングイラスト
ペットステッカー
筆丸ステッカー
千社札ステッカー
ディスプレー
熱転写ステッカー
ステッカーのはがし方
ステッカーの耐久性
ステッカーの切り方

スチロールで人形を作る

object オブジェ―立体造形―
発泡スチロールや木 、アクリルなどで造形します。個人工房なのでたいしたことは出来ませんがディスプレィ、展示会の造りものなどつくるのが好きです。



【水町部長】 【ご相談】

04年末から鰍cMC様から全社員の人形制作の仕事をいただきました。
出来上がった人形は制作順にすべてアップしました。
(写真をもとにした制作です)

名称/niga[O]bject 「にがおぶじぇ」と呼んで頂ければ。


作り方/基本的に通常の発泡スチロールを削り、細かい部分は軽量粘土で作ります。その後アクリル絵の具で彩色。写真(顔アップ・全身正面・胸から上(前・後・左・右))をもとにして制作いたします。諸事情により体型は2頭身半にデフォルメされます。


耐久性能/素材が素材なので耐久性はさほどありません。
なにか物がぶつかったり落下したりするような環境でなければ数年は持ちこたえると思いますが今のところデータがありません。短期用としてお考え下さい。



お値段/価格は50cmほどのもので45000円よりでおねがいします。
(大きさ・ポーズなどでさまざまです。詳しくはこちらから)

created by kazaliya

この仕事をいただいて一作目です。ちょっと手数を入れすぎのような気もします。しかし、少しでも本人に近づけようとする姿勢を評価したいと思うんですが自分で評価しちゃだめか(笑)
顔色修正済み(050416)
左の人形と同時進行制作。ちょっと緩んだネクタイになんとなくこだわったりしています。
アートディレクターのKさん。初めてお会いしたときに「ん?女の人?」と思うくらいのやさしい風貌の方だったのでそのイメージを大切にしつつ作りました。現在写真はこのKさんからコメントともにいただいています。 初対面にもかかわらず写真撮影の時には色々ポーズをとっていただきました。とりあえず手だけ上げさせていただきましたがなるべく簡単なポーズでお願いします(笑)
髪の毛がわりと自由につんつんしていたので軽量粘土でつんつんさせてみたんですが手間がかかった割には似顔効果は薄かったかな?この作品あたりから作風がリアルよりに変化してきました。 ジョン・ローンみたいな顔になっちゃいましたがいかがなもんでしょうか。似てる似てないは別にして(別かよっ)朝仕事場に行くと人の気配を感じてドキッとしたりします。
はじめてめがねをかけた方が現れました。何かでめがねを作ってかけさせるか考えましたが再現するには素材的に無理があると判断してめがねも本体と一体でつくって目を描きこむことにしました。 形がうまくできていれば色なんて適当でもけっこう似てくるはずと削り、造形には力を入れています。こんなふうに顔に余計な陰影が付いていないときは造形がうまくいった証拠でもあります。
前作まではカードを手に持たせるという前提があったので決まったポーズになっていたのですが「それはいいから少し動きを入れてくれ」という要望があり、以後少しづつ変化を盛り込みます。 ちょっと首をかしげたポーズは削ってるうちに自然にこうなりました。本人よりちょっとソフトな感じになったかな?笑いをこらえたような口元がポイントです。
作ってるうちに吉本新喜劇のチャーリー浜に似てきちゃってどーにもこーにも・・・しかしまぁ、この表情と青島刑事風のコートを作るのにたっぷり苦労しました。 しかしあれですね。もう納品したので撮りなおしようもないんですが半端な白バックはつまんないですな。この方は首から下はばっちりですが顔は苦労しました。何回塗りなおしたことか・・・
これは案外あっさりと似てしまったので(異論もありましょうが)手数があまり入らないうちに完成ということになったものです。しかし何体も作っていくうちに作風がかわってきているのは問題といえば問題ですね。わかっちゃいるんですが・・・。(顔色悪いといわれてお色直し中) 一つだけお色直し例を並べておきます。肌の色を健康的にしました。鼻の辺りはほんのり桜色に。髭剃りあとも青々と、瞳には白で星をサービスしました。いかがなもんでしょ?
この人は・・・、写真うつりがいいんだから(笑)本当はストライプのスーツなんですがあまりの煩雑さに断念しました。でもこのままでも十分雰囲気は出てると思いますよ。(また自画自賛ですけど)しかし制作時間がどんどん長くなる・・・ これはすっごい苦労しました。似なくて似なくて。でも人形としての出来はすごくいいんです。(だれもほめてくれないので自画自賛ですが)夜中仕事場に行ったときに目があって死ぬほど驚きましたから。
どんどんしんどくなってくる(笑)ちょっと吉本の藤井隆に似た人なんですがかんじは出てるでしょうか? ちょっとぷっくりされてますけど。 熱血教師・・・ってかんじですか?写真をいただいたときはまじかよって思いましたが(笑)(作るのたいへんって意味ですが)
ポーズはやっぱりポケットに手を突っ込んで立つ形が一番楽でいいです。やたら時間がかかっています。時給計算なんかしたくありません(笑)。
眼鏡をかけた方なので目は形を作らずにレンズ面に描き込んでいますが書き込む前の方が似ていた気がします。かといって一人だけ目を描かないというわけにもいかず・・・(言い訳ですが)
いくら三頭身の人形とはいえ、ちょっと顔がでかくなってしまった気がします。っていうか作ってる最中からうすうす気づいてはいたのですが似てればいいじゃん、で作りました。(ひらきなおり?) 遅々として制作は進みません。実は腕がポキッと折れております。竹串を2本貫通させて補強しました。もうちょっと痩せた方なんですがちょっと若い時の猪木風ですね。
いちばん偉い方です。遅々として進まなかったこの人形制作ですがそろそろ終了か? 女の人が二人おられるようですが逃げ回って写真も撮らせてくれないようです。まぁ、こんなドラえもんみたいな体型に作られるのは私が女だったら嫌かもですね。

龍を作りました

飾屋工房HOME 飾屋之印
飾屋 中村志朗 since
1993/05

Copyright (C) 2003-2018 Kazaliya. All Rights Reserved.